母乳育児推進の産院で3人出産体験談。

理由は、ただ一番近かったので、通いやすかったから。

妊娠中は、妊娠後期から乳首チェックやマッサージなどあった。


産後の入院中は3人共、ほぼ同じ流れだったので書いていく。

・1日目

_20200209_233316


産んだら分娩台の上で即授乳。
そのまま授乳しながら抱っこし続け、2時間後に赤ちゃんと部屋に戻る

母子同室で、すぐお世話の開始だ。
大変そうだが、せっかく産んで会えたのに離れるのは寂しいので私は嬉しかった。
1日目は幸い赤ちゃんもよく寝る。


・2~3日目

1581258411781
1581258586213


一番つらいのが、この2、3日目である。

1時間母乳を吸わせても、足りなくて泣く我が子に、一生私は母乳なんて出ないんじゃないか?という気持ちになる。

泣かなくなるまで(満足するまで)、とにかく何時間でも吸わせ続けるのだ
1日中、授乳しているので全く眠れない。

母体は産後3日間はほとんど母乳は出ないので、赤ちゃんは3日は何も飲まなくても大丈夫なように体内で準備してある。

しかし、大丈夫だとしても欲しくて泣く。
精神的に辛いところである。出なくてゴメンね・・・と泣きたくなる。



ミルクを飲ませたくなるピークである。

・4~5日目

20-02-09-23-24-49-936_deco


2、3日目に吸わせ続けることで、やっと結果が出る

張った胸は、しぼったら逆効果なので、保冷剤で冷やして我慢する。
詰まって乳腺炎にならないように、痛いところ、しこりのところを自分でマッサージしてほぐしながら授乳する。


・6日目

_20200209_233300


退院後も、また母乳が足りないと赤ちゃんがグズグズになることはよくある。

そこでミルクを足したら、アッという間に母乳は出なくなる。
そしたらまた時間をかけて何度も授乳し、そしたら体がそれに合わせて母乳を作ってくれるようになる。


▽退院後のワンオペ育児はコチラ。



ミルクを使用する予定があるなら。


以上が、入院の流れと指導された進め方である。
この産院はほぼ100%が母乳のみで退院する。

産院の指導の仕方は、それぞれあるので、間違っているやり方、情報もあるかもしれない。


だが、ミルクを使用する予定があるなら、2、3ヶ月の内から哺乳瓶やミルクに慣らしておかないと、母乳以外は拒否することがよくあるので気を付けたい。


私はミルクでも母乳でもこだわりは無いが、完全母乳でいけたら・・・と思うママさんがいたら参考になればと思い、今回は母乳育児推進産院での流れを書いてみた。


私は生後3ヶ月ほどは母乳中心、その後はミルク中心が、一番育児的に母親がラクな方法だと思う




⏬ブログまとめはコチラ